離婚するので家を売却したい!オーバーローンの場合の対処法

離婚することになり、家を売却することにした。でも、家を売っても住宅ローンを返しきれない・・・

そんな場合、どうしたらよいのでしょうか。この記事ではオーバーローンの場合の家の売却方法を3つお伝えします。

※オーバーローンとは、家の売却資金でローンを完済できない状態

オーバーローン時の売却3つの方法

・手持ち資金を補填して返済
・住み替えローンを利用
・任意売却

上記の方法であれば、売却資金以上の住宅ローンが残っている家でも売却することができます。

ただし、メリットもあればデメリットもあるため、それぞれ解説していきます。

手持ち資金を補填して返済

基本的には、自分の預貯金など自己資金内で支払えることが理想です。

しかし、自己資金では不足するという方も多いでしょう。その場合は、両親など家族に相談してみましょう。それが難しい場合は、金融機関から無担保ローンを借りるという方法もあります。しかし融資の審査も厳しくハードルは高いです。もし借りられても高金利を覚悟しなければなりません。

住み替えローンを利用

「住み替えローン」とは、家の買い替え時に購入する物件の住宅ローンに「返済しきれなかったローン残債」を上乗せした形で借りるローンのことです。

ただし、借り入れの金額が大きくなるため、住み替えローンは通常の住宅ローンに比べて審査が厳しくなります。

住み替えローンのメリット

融資条件によっては、それまで借りていた住宅ローンよりも低い金利で借りられる可能性があります。

また、住み替えローンを利用できれば、手持ち資金ではそれまでの住宅ローンの返済ができない場合でも住み替えることができます。

住み替えローンのデメリット

デメリットとしては、「借入額が増える」「融資の審査基準が厳しい」ということがあります。

当然ながら以前の住宅ローンの残債分を加えた新居の住宅ローンを支払えるだけの収入がないと、住み替えローンの審査を通過することはできません。

住み替えローンの利用を考えるときには、住み替えローンを扱っている金融機関に相談して、利用できるかどうかリサーチしてみましょう。

任意売却

ローン返済中で、ローンの完済が難しい状態で家を売る3つ目の方法は、任意売却という方法です。

任意売却とは、住宅ローンの返済ができなくなったケースで、金融機関からの合意を得て不動産を売却する方法です。特に、売却資金だけではローンが完済できない場合は、売却後のローン残債の返済についても金融機関と合意する必要があります。

任意売却のメリット

競売ほど売却金額が下がる可能性は低い

任意売却は、早めに金融機関に相談することで、差し押さえられる前に通常の仲介に近い形で売却することができます。従って、競売にかけられる前に売ることができ、競売のように相場より低い金額での売り出しとなることはありません。

競売とは違い、差し押さえはなく、近隣に売却完了までわかる心配がない

任意売却の販売活動は一般的な仲介と同じなので、競売のように売却していることが一般に公開されることはなく、近隣に知られることがほとんどないため、競売のような気まずい思いをしなくて済みます。

任意売却のデメリット

では、任意売却のデメリットについてもみておきましょう。

銀行の許可がなければ売却できない

ローンを借りている金融機関に任意売却での売り出しを許可されたとしても、売却する金額や引き渡し日など売買条件についても金融機関が許可しないと売買契約や買主への引き渡しができません。

ちなみに、任意売却するだけでは信用情報機関に登録されことはありません。

ただし、任意売却に至るまでに住宅ローンの返済が滞っていると、その滞納情報が信用情報機関に登録されるため、クレジットカードの利用や携帯の契約などの際に影響が出る事があり、日常生活で不便になることもあります。

任意売却を検討しているなら早めに金融機関に相談しましょう。住宅ローンを滞納している場合は、返済が滞ってから半年ほどで差し押さえ手続きに入り、その後競売の手続きがスタートします。最終的に裁判所による競売開始決定がなされると任意売却は困難になります。任意売却自体は、競売の入札が始まる前まで活動はできますが、売却期間が短いと買い手が見つかりにくくなります。任意売却の相談は早めに行い、金融機関からの許可と同時に売却活動に入るようにしましょう。

任意売却を得意とする不動産業者に依頼する

不動産業者といっても、それぞれ得意とすることは異なります。任意売却を依頼するなら、任意売却を専門としている業者や、経験・実績が豊富な不動産業者を選ぶようにしましょう。それぞれの不動産業者のホームページを見れば、どのようなことを得意としているかは読み取れるはずです。

いくつかの業者をピックアップして、それぞれ訪問したり、電話で問い合わせするなどして、対応の良さそうな業者を選んでいきましょう。

任意売却は、一般的な仲介による売却と比べると手間や時間がかかるため、住宅ローンの支払いが難しいと感じた時点で、早めに金融機関と相談し、任意売却についても早めに検討することをおすすめします。

 

アーキ不動産
(株式会社アーキ・クリエイト)
営業時間 9:30〜18:00/水曜定休
〒703-8235 岡山県岡山市中区原尾島3丁目8-27
フリーダイヤル:0120-03-6780免許番号:岡山県知事免許(9)第3595号

事業内容 :岡山市の不動産売買仲介(中古住宅・新築住宅・中古マンション・土地・収益物件・事業用物件)、リフォーム工事(内装・外装・水回り・リノベーション・ハウスクリーニング)、不動産売買コンサルティング、火災保険代理店業

最新情報をチェックしよう!
>アーキ不動産

アーキ不動産

株式会社アーキ・クリエイト
営業時間 9:30〜18:00/水曜定休
〒703-8235 岡山県岡山市中区原尾島3丁目8-27
「ホームページを見た」とお伝えください
【事業内容】
岡山市の不動産売買仲介(中古住宅・新築住宅・中古マンション・土地・収益物件・事業用物件)
リフォーム工事(内装・外装・水回り・リノベーション・ハウスクリーニング)
不動産売買コンサルティング
火災保険代理店業