高く売るコツ

売却以外の道

売却以外の道を考えてみる

本当に売却するしか方法がないのか?売却以外の道も考えてみることをおすすめします。

売却以外の道とは「賃貸」するということです。しかし「賃貸する」という方法には向く人、向かない人がいます。

大家業に向く人、向かない人:収入を得られるが、手間も増える

「ローンを払えない」といった問題解決のために、「家を手放すしかない」と思われている方は、ぜひ一度ご相談いただきたいのですが、売却以外の道を選択できる場合もあります。

例えば毎月住宅ローンを7万円ずつ払っているけれど、その支払いがきついという場合。その家を賃貸で他の人に貸して、月々10万円の家賃を受け取る、ということが可能です。そうなると、家賃収入でローンを払いつつ、さらにプラスの収入が得られるわけです。

この場合、ご自分がどこに住むかはまた別の問題ですよ。もしご実家などあれば、しばらく身を寄せるということもできるかもしれませんね。

もし、「売却するのではなく、人に貸そう」となった場合は、そのデメリットについても、把握しておかなくてはなりません。

持ち家を賃貸にするということは、「大家業を始めます」ということになるわけです。それを喜ぶのか、面倒だと思うのかは、人によって違います。大家業には、向く人と向かない人がいるんですね。

具体的に言うと、不動産賃貸業をして収入を得ると、サラリーマンのような給与所得者の方は、給与以外の収入が入るため、確定申告をしないといけなくなります。

また、何か問題が発生した場合、修理をするなどして、解決してあげなければなりません。そういったことが面倒で嫌だという方には、大家業は向きません。そもそも、住宅ローンを組んでご自宅を購入した方は、もともと大家業をやろうだなんて考えていなかったわけですから、当然です。

売らずに貸すことで住宅ローンを払えるのであれば、その家は定年退職後の収入源になります。ですが、日本は所得が高くなればなるほどかかってくる税率も上がります。一千万円の給与所得を得ている方に、プラスで百万円の家賃収入が入ってきたら、一番高い税率が適用されてしまいます。税金が上がった分は、入ってきたお金で払えますから、私はそれでもいいとは思いますが。

いずれにしても、家を売却する前に、「賃貸物件にして大家業を始める」という選択肢があることを、頭の片隅に置いておいてください。